浄土宗の葬儀のマナーについて

浄土宗と浄土真宗では葬儀に対するとらえ方も異なるのです

宗教についてあまり詳しくない、という方も多いと思いますが葬儀に参列することは残念ながら皆さんいつかは経験する出来事なのではないでしょうか。
悲しい別れの時間、なくなってしまった方を送り出すために行われる葬儀については宗教によって、とらえ方や参列時のマナーが異なるのです。
少しでも知識があれば、もしもの時に少しはお役に立つこともあるかもしれませんので、ご説明させていただきます。

浄土宗の葬儀のマナーについて

浄土宗では「臨終を迎えると釈迦に送り出されて、極楽浄土に赴く」という考え方があるのだそうです。
名前こそ似ていますが浄土宗と浄土真宗では異なる部分というのもこの考え方に基づくもので、浄土宗では「故人に対して衆生とともに極楽浄土を願い法要をし、法要を終えるにあたっては四弘誓願を述べ報恩の心で仏をお送りする」という考えで法要を執り行うのだそうです。
もともとは簡素な儀礼に、法要・授戒・引導という要素が加わったものなのだそうですが、枕経は念仏のみ、授戒はお通夜で行うというのが一般的な浄土宗における葬儀の運びになっているのだそうです。
もともと枕経というものは「死にゆく方の枕もとで往生を願い上げるお経」なのだそうで、今でも「故人の往生を願う」という姿勢が反映されているのだそうです。
焼香については悩まれる方も多い場面ですが、浄土宗においてはつまんだお香を目の高さにあげてから香炉にくべる、という作業を1~3回繰り返すのだそうですが回数はいずれでもよいのだそうです。