真言宗の葬儀のマナーについて

葬儀のマナーは宗派によって異なるのです

葬儀社に確認するなどすれば、ご家庭で信心されている宗派ではどのような葬儀を行うべきなのかということを教えてくれることはありますが、ご葬儀に参列するとなると、どのようにふるまうべきなのか、とても悩ましいですよね。
葬儀のシーンで失礼のないように、と思えばこそ葬儀中のマナーなどにも気を配らなくてはいけなくなってきますから、ご説明させていただきます。

真言宗の葬儀のマナーについて

真言宗では、葬儀の際に他の宗派と大きく異なる特徴として、「死に装束を身に着ける際、経帷子・頭陀袋・帯・脚袢に真言を書きこむ、ということが昔から行われてきましたが、最近ではほかの宗派と同じ白装束で済ませるということも多くなっているのだそうです。
また納棺の際に光明真言で加持した土砂をまき曳曼荼羅という布を敷いた上にご遺体を入れ、覆曼荼羅を載せた上に土砂をかけて納棺、というのも正式な流れとなっています。
がここも含めて白装束を着せるということで省略されることも多くなってきています。
焼香においては3度繰り返して行うことが正式であるとされていますが、参列者が多い時には一度で省略することも可能である、ということになっているのだそうです。
焼香が終わってから出棺となるまでの間に行う「導師最極秘印(どうしさいごくひいん)という印を組む」というところと、導師が3度指を鳴らして故人が浄土へ赴き葬儀が終了となる、という流れにも特徴があります。